企業ロゴに込めた想い、意味合いについて

アルヴァスデザイン ロゴ

まずアルヴァスという言葉は私、高橋研が好きな5つの言葉をイタリア語に変換し、その頭文字を組み合わせて作った造語です。Aはアルモ(活気)、Lはレガーメ(絆・結びつき)、Vはヴィータ(道・人生)、2つ目のAはアヴェニーレ(将来・未来)、Sはスペランツァ(夢)という言葉の頭文字を組み合わせました。

alvasの起源

イタリアではかつてルネッサンスの斬新な建築様式が周辺の国々に大きな影響を与えました。またその周辺の国々の文化を取り入れて自らの建築様式をさらに進化させていった歴史があります。自らが良い影響を与え、また相手からも良い影響を受けてビジネスを進化させていきたいと考え、イタリア語にしました。

そしてデザインという言葉ですが、これは「壊す」という意味の「デ」と、「つくり上げる」という意味の「サイン」を組み合わせたのが語源にあります。今までのものを脇に置き、また新たに作り上げるという姿勢でビジネスに取り組んでいきたいという意味を込めています。

会社のこだわり

こだわっている3つのことがあります。

1繋がる 2創造する 3貢献する

まず「繋がる」については、パートナーやクライアントと中長期的な関係で仕事をする、未来をつくる関係を持つことを心がけています。

次に「創造する」ですが、これは世の中にあるいろんなノウハウから学習し、自分たちの付加価値を加えて、お客さまに提供する、という意味です。特長ある素晴らしいもの同士を組み合わせ、お客さまへの貢献を目指しています。

最後に「貢献する」ですが、これはビジネス(お金)になるかどうか以上に、どう未来を作っていくか、社会をより良くするか、を重視する考えを持つということです。その結果として、新しいビジネスも自然と生まれてくると考えています。


お問合わせはこちら
アルヴァスデザイン ワークショップ会場
Youtube動画公開中 『「研修のプロ」より「営業のプロ」にこだわる理由~』
エグゼクティブ層への求人ならアルヴァスデザイン
学校プロジェクト活動報告
実績紹介(お客様の声)