AIが当たり前になる社会で、求められる営業像とは

2017.11.7


こんにちは、プロデューサーの石井です。

 

本日は、とりわけ注目を集めているAI(人工知能)について考えてみたいと思います。

 

弊社のコラムでも何度か紹介させて頂きましたが、下記は記憶に新しいのではないでしょうか。

 

オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授が、

 

「今後10-20年で、我々の47%の仕事は機会に取って代わられる。」

 

と論文で発表しました。

 

野村総合研究所からも、

 

「2030年までに、今ある49%の仕事がAIによって代替えされる。」

 

と発表しています。

 

また、これらのなくなる仕事の中に

 

いわゆる訪問営業も含まれていることは、営業にとって目を瞑りたくなるような事実かと思います。

 

では、AIが当たり前になる社会で、

 

「新しく必要となる仕事」について考えたことがありますか?

 

新しく必要となる仕事とは何でしょうか?

 

言い換えると、「人間にしか出来ない仕事」とは何でしょうか?

 

その一つに、

 

「人間が楽しいと感じること、ワクワクするようなこと」

 

を創り出す仕事があると考えています。

 

「何だ、結局営業とは関係ないのか。」

 

そう思われた方もいらっしゃるかと思います。

 

私は、今後の営業は

 

「何かを売るだけではなく、未来に向けて顧客と新しいものを共創する」

 

ことが求められると思っています。

 

弊社では、いわゆる営業職という人は存在せず

 

「プロデューサー」という肩書で仕事をしているのにも、こういった背景があります。

 

話を戻しますが、では「人間にしか出来ない仕事」をするために、

 

我々がどのような強みを発揮しなければならないのでしょうか。

 

私は、強みを発揮するために必要な要素の一つに、

 

「離れた領域の得意分野」を2つ以上持つことがあると考えています。

 

 

今までは、「営業力と言えば、Aさん。」と言われていただけで合格点以上の成果を得られたと思います。

 

でも、これだけではこれからは不十分です。

 

もっと言うと、「離れた領域の得意分野」を2つではなく3つ持つことが必要になるかもしれません。

 

「営業力×プログラミング能力×デザイン力」

「営業力×音響技術力×ファッションセンス」

 

ここまでくると、AIではなく

 

「人間にしかできない」というところに到達できると思います。

 

そしてこれらの要素を持ちながら、

 

ワクワクするような「未来を創造する力」

 

こそが、営業に求められる時代になるのではないでしょうか。


お問合わせはこちら
アルヴァスデザイン ワークショップ会場
Youtube動画公開中 『「研修のプロ」より「営業のプロ」にこだわる理由~』
エグゼクティブ層への求人ならアルヴァスデザイン
学校プロジェクト活動報告
実績紹介(お客様の声)