営業する勇気はたった3文字

2017.11.24


こんにちは
瀬戸山です。
今日は営業パーソンに必要な勇気のお話です。

 

私は以前に飛び込み営業を8年ほどやっていました。

 

しかし、恥ずかしいことに最初の1年間はほとんど飛び込むことができなかったのです。

 

理由は私に勇気がなかったからです。

 

断られたら嫌だな。今忙しいだろうな。

こちらから声をかけるのって恥ずかしいな。

 

色々な思いが頭を駆け巡り飛び込むことができないのです。

 

私の今を知っている人には信じてもらえないのですが

 

私はもともと人見知りで、恥ずかしがり屋で勇気がない人間でした。

 

私のように飛び込み営業を仕事とする人にとっては致命傷でした。

 

みなさんも実はありませんか?勇気が出ない時って?

声をかけなきゃいけないのに、かけられない時など?

 

今日はそんなあなたのためのお話です。

 

そんな私に勇気をもたらせてくれたたった3文字の言葉があります。

 

この3文字を言うだけで、勇気が出るようになる練習方法があるのです。

 

私と同じく勇気が出ない人を心から応援したいと思っているので

 

そんな方はぜひ聞いて下さい。

 

【良いこと悪いことをするにも勇気がいる】

 

人に良いことするって勇気がいると思いませんか?

 

例えば電車の中で、席を譲るのって意外と勇気がいると思いませんか?
声をかけるのって恥ずかしいな。周りの人に偽善者って思われるのは嫌だな。
相手を高齢者扱いすることになるから逆に失礼かな?

 

ついついこういうことを考えて、言えないことってありますよね?

 

まあつまり、良いことをするにも勇気がいるということです。

 

こうなったら、勇気を出せるように練習するしかない。

 

私は簡単にできる勇気を出す練習方法を

 

模索していました。

 

そして何か月かたったころあることを思いつきました。

 

コンビニで店員さんに声をかけてみるのはいいな。

 

声をかけるので飛び込み営業の練習になるかもしれない。

 

こちらはお客さんの立場だから、もし失敗しても大丈夫だ。

 

もし失敗したら走って逃げればいい。

 

そしてコンビニならほぼ毎日コーヒーを買うので、回数が多いので練習になる。

 

よし舞台はコンビニだ。

 

そしてコンビニで買い物をした後に

 

店員さんにこちらからお礼を言ってみよう。

 

そう思ったのです。

 

【たった3文字の勇気の言葉】

 

まずはコンビニで何か品物を買います。

 

そしてお会計をします。

 

店員さんが「ありがとうございました」と言ってくれます。

 

そのあとこう言います。

 

「ありがとう」って。

 

これなら簡単ですよね??

 

「あ・り・が・と・う」って5文字を言うだけですから。

 

5文字を言うだけだったら誰でもできる気がしませんか?

 

しかし、実際に言おうとすると

 

私みたいな性格の人には恥ずかしいのです。

 

言おうとすると、タイミングが合わなかったり

 

目を合わせられなかったり色々と出てきます。

 

そこで私は考えました。

 

ありがとうでは長すぎる。

 

こんな長い言葉、恥ずかし過ぎて言えるわけがない。

 

もっと短くしよう。

 

そうだ!

 

「ど・う・も」と言おう。

 

お会計をしてくれた後に笑顔で「ど・う・も」と言おう。

 

この言葉ならありがとうと同じ意味を持ち、

 

尚且つありがとうよりも短いから言いやすい。

 

もしかしたら言えるかもしれない。

 

3文字だったらこんな私にも言えるかもしれない。

 

勇気を出して3文字言ってみよう。

 

そう思って初めました。

 

そして10年以上続けると、今では「ありがとう」と言えるようになりました。

 

10年の年月をかけて言える言葉が2文字も増えました。

 

嬉しいです。頑張って続けてよかったです。

 

さらにさらに、他のことも言えるようになりました。

 

「お姉さん笑顔がすごくいいね!頑張ってね!」

 

「お兄さん元気があっていいね!こっちも元気になるよ!」

 

たくさんたくさん褒めることができるようになりました。

 

コンビニ以外でも言えるようになりました。

 

色んな人に言えるようになりました。

 

それもこれも「どうも」というたった3文字から初めた勇気のおかげです。

 

本当に勇気が出てくるのでぜひ言ってみて下さい。

 

営業をする時にも勇気が湧いてくるようになりますよ。


お問合わせはこちら
アルヴァスデザイン ワークショップ会場
Youtube動画公開中 『「研修のプロ」より「営業のプロ」にこだわる理由~』
エグゼクティブ層への求人ならアルヴァスデザイン
学校プロジェクト活動報告
実績紹介(お客様の声)