ALVAS JOURNAL

2023年度下期を迎えて ~上期振り返りと下期の展望~

こんにちは、高橋です。

2023年度も早くも半年が経過しました。

皆さんにとって、どのような半年間であったでしょうか。

私たち株式会社アルヴァスデザインにとっては、大きな出来事があった半年でした。

具体的には、株式会社マーキュリーへのグループインやフランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社が提供する7つの習慣®の公開講座の正規代理店になったことがありました。

これらの出来事も踏まえつつ、私たちの2023年度上期がどのようなものであったか、そして下期の展望についてもお話します。

 

目次

1. 仲間が増えました!!

上期、嬉しいニュースとしては、新たに弊社にジョインしたメンバーがいたこと、そして休職中メンバー2名の下期からの再ジョインが決まったことです。これにより、多様なメンバーが揃い、戦力がよりパワフルになりました。

株式会社アルヴァスデザインは創業以来、将来の独立を視野に入れている方々を積極的に採用してきました。ただ、もちろん独立の選択肢を持ちつつも、弊社に残って仕事をすることを選択することも大歓迎です。

また、産休や育休を経て復帰するメンバーに対しても、全社をあげて歓迎してきました。

このように、一緒に働くメンバーに対して経営者としてメッセージを出してきたわけですが、上期にいたっては創業当時に考えも及ばなかった2つのことがありました。

1つは、産休を経て実家から完全リモートで仕事に復帰することを決めたメンバーです。

弊社は、リモートワークをするメンバーを増えてきましたが、フルタイムで完全リモートのメンバーは初めてです。

これは、弊社にとっても新しい取り組みであると同時に、今後このような働き方を希望する優秀な方々とご縁ができる可能性も感じた出来事です。

もう1つは、学業のために休学していたメンバーの復帰です。弊社は学びを提供している会社であるため、メンバーに学びや成長を求めています。

学びのための制度である「学び予算」も設けています。
>社員の成長を応援する制度~弊社の学び予算について~

しかし、学業のために仕事を一度ストップするメンバーが生まれることまでは想定しておらず、また卒業後に復帰してくれるところまでは想像していませんでした。

株式会社アルヴァスデザインは創業以来、ご縁を大切にしてきましたが、これほど一緒に働くメンバーとのご縁を深く感じた期間はなかったかもしれません。

2. 2つの大きな出来事

人材が増えたことに加えて、ビジネスでも大きな変化がありました。

1つは、フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社と公開コースの総代理店契約を締結したことです。7つの習慣の研修を受講し感銘を受けた時、私はまだ28歳でした。

当時、開発職をしていた私は、人生をどう生きるのかを考えていた頃でもあり、私の人生観に大きな影響を与えてくれました。そのプログラムを、今度は私たちが提供する番になりました。これは大変感慨深い出来事です。

詳しくは、こちらのコラムで想いを語っていますので、ぜひご覧ください。
>2023年の半年を振り返って ①フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社との提携について

もう1つは、株式会社マーキュリーのグループに入ったことです。これにより、私たちは採用マーケットへの影響力が拡大しただけでなく、人材開発領域においても貢献できる領域が拡大してきています。

詳しくは、こちらのコラムで想いを語っていますので、ぜひご覧ください。
>2023年の半年を振り返って ②株式会社マーキュリーのグループ企業になったことについて

3. 下期に注力すること

私たちの上期は、2つの大きな出来事により大きな変化を伴いました。下期はこれらを軌道に乗せ、大きな飛躍の準備をするときだと思っています。

人材開発事業部においては、お客様に価値ある教育コンテンツをお届けすることはもちろんのこと、営業やマネジメントの本質を考え抜くことを絶えず実施し、AI時代を生き抜く営業マネジメントの骨格を作りたいと思っています。

人材紹介事業部においては、従来通り営業パーソンの可能性を拓くため、一人ひとりのキャンディデート様と向き合い、また企業側のビジョン実現の支援をしたいと思っています。

加えて、新しい市場の開拓も検討します。

そしてなにより、私たちのビジョンである「営業する/されるが楽しい世の中を実現する」ことを再考し、これを実現するためにできることを徹底的に実施していきたいです。

4. おわりに

いかがでしたでしょうか。

本日は、2023年度の下期のご挨拶を兼ねて、私の考えと想いをコラムでお届けました。

これからは、AIの成長が本格化し、営業職の仕事がどのようにその環境に適応していくのか変化が問われると思っています。

このような環境下で、私たちは常に前向きな未来志向で、営業やマネジメントに新しい観点を生み出し、創造し続ける会社でありたいと思っています。

高橋 研

代表取締役 CVO
早稲田大学大学院理工学研究科終了後、株式会社ファンケルに入社。
その後、30歳を節目に営業の世界に飛び込み、多くの会社の教育支援に携わる。
2013年株式会社アルヴァスデザイン設立。2018年「実践!インサイトセールス(プレジデント社)」出版。

RELATED ARTICLES よく読まれている記事

営業の本質が問われる
時代の到来。
熱い気持ちを輸送経済新聞
「いま、生き残るための営業術(全12回)」で表現しました。