ALVAS JOURNAL

完訳 7つの習慣 人格主義の回復(スティーブン・R.コヴィー 著 2013年 キングベアー出版)【全4回】名著:7つの習慣から学ぶ、営業にとって本当に大切なこと~第四回:再新再生~

こんにちは。石井です。

今回のトップセールスの本棚では、「7つの習慣」をご紹介します。
全4回に分けて、「7つの習慣」に関して連載しており、今回が第4回目になります。

第三回目の前回は、「7つの習慣」の第4~6の習慣についてお伝えしました。
>第三回目のコラムはこちら

本記事では、「再新再生」である第7の習慣をお伝えします。

※弊社、株式会社アルヴァスデザインは、フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社と共同で、7つの習慣®Forセールスパーソンという研修をリリースしています。

「7つの習慣と営業」に関しては、研修実施も通して多くのノウハウがあるため、本記事にてご紹介していきます。

 

第一回:7つの習慣の基本概念
第二回:私的成功:第1の習慣~第3の習慣
第三回:公的成功:第4の習慣~第6の習慣
第四回:再新再生:第7の習慣←今回のコラムはこちら!

 

1. 前回の復習

公的成功である第4~6の習慣をお伝えしました。

 

第4の習慣とは、「Win-Winを考える」です。

営業活動をする上では、お客様と自社(営業側)の双方のWinを実現することこそ、お客様と中長期的な関係を構築できることをお伝えしました。

 

第5の習慣とは、「まず理解に徹し、そして理解される」です。

営業をする上で、最も大切なことは「お客様を深く理解する」ことです。お客様に理解してもらうためには、まず営業がお客様を徹底的に理解する姿勢と行動が欠かせないのです。

 

第6の習慣とは、「シナジーを創り出す」です。

お客様と自社(営業側)でしかできない未来を描き、その実現施策を提案していくことこそ、これからの営業に求められることです。

 

具体例を交えて詳しく解説しましたので、気になる方は、前回のコラムをご覧ください。
>第三回目のコラムはこちら

それでは、今回のコラムの本題「第7の習慣」について見ていきましょう。

 

2. 第7の習慣:刃を研ぐ

第7の習慣は、「刃を研ぐ」です。

営業活動とは、お客様に何かを提供するアウトプットと、営業が何かを吸収するインプットに分けることができます。ここで大切なことは、アウトプットの質を高めようと思ったら、インプットの量と質を高める必要があるということです。

インプットとは、日々の営業活動で学ぶことができることに加えて、営業現場の他から学ぶことができるものも指します。

昨今では、「リベラルアーツ」「社会人の学び直し」「ビジネススクール」などの言葉をよく耳にします。これらはどれも、営業現場を離れたインプットを指し、そのインプットを自身の営業活動のアウトプットに活かすというものです。

人がアウトプットの質を高めるときには、

Frame of Reference(参照枠)という言葉を意識すること

も大切です。

参照枠とは、何かアウトプットをしたい際に、自身の中でどれだけ参照できる枠を持っているかということです。

 

例えば、営業活動の中で何か問題に直面した際に、どれだけその問題を解決できるだけのオプションを持っているかによって、問題解決の打ち手が変わってきます。

私たちは、日々変化の激しい時代を生きています。このような変化の中を生き抜くためには、学びを得て自らをアップデートし続けることが欠かせないのです。

Frame of Reference(参照枠)を増やすことは、難しいことではありません。

 

例えば、日々の営業活動の振り返りをする中で、「自らの主体性をもっと発揮したら、変えることができたこと」をまとめることも有益です。これらの経験は、皆さんの後輩に伝えることで、会社の知的財産につながります。

また読書に加えて、外部の勉強会やセミナーに参加するということも良いでしょう。自分自身のコンフォートゾーン(快適に生活や仕事ができる領域)を突破して、少しアウェーな環境に飛び込むこともオススメします。

レベルの高い会に参加をすると、「自分自身の強みが強みでないことに気付かされる」ということがあるかもしれません。

しかし、こういうときこそ自らを見直す良い機会です。このような機会をたくさん作ることで、自らの刃を研ぐことができます。

リクルート社の中で有名な言葉があります。

「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」

この言葉は、激しい変化の世の中を生き抜くために必要なメッセージです。

 

3. おわりに

いかがでしたでしょうか。

今回は、第7の習慣をお伝えしました。営業が、日々学び続けるべき理由を感じ取っていただけたと思います。

今回を持って、全4回の連載が終了になります。

弊社では、フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社と共同で、「7つの習慣®Forセールスパーソン」をリリースしています。弊社が独占販売権を持っているコンテンツであるため、ぜひ気になった方はお問い合わせください。

 

第一回:7つの習慣の基本概念
第二回:私的成功:第1の習慣~第3の習慣
第三回:公的成功:第4の習慣~第6の習慣
第四回:再新再生:第7の習慣←今回のコラムはこちら!

 

本日ご紹介した本のAmazonリンクはこちら⇒完訳 7つの習慣

〇トップセールスの本棚とは?
【毎週月曜日配信】弊社の社員はじめ、トップセールス経験者が厳選した本をご紹介しています。
営業におけるスキルのみならず、幅広い視点から営業を捉えていたりもします。
ぜひ、営業パーソンにとどまらず様々な職種の方にも読んでいただきたいです。

ブランドマネージャーとして、マーケティングを担当。
営業・リベラルアーツ・マネジメントなどのコラムを発信中。
趣味は、読書・英語学習・ラグビー。3歳息子のパパ。

RELATED ARTICLES よく読まれている記事

営業の本質が問われる
時代の到来。
熱い気持ちを輸送経済新聞
「いま、生き残るための営業術(全12回)」で表現しました。