ALVAS JOURNAL

「『キングダム』で学ぶ最強のコミュニケーション力」~コミュニケーション力を高めるカギは自己認識力を高めることにあった~(馬場啓介著 2020年 集英社インターナショナル)

こんにちは、米山です。
今回ご紹介する書籍は「『キングダム』で学ぶ最強のコミュニケーション力」です。

皆さまは「キングダム」という漫画をご存じでしょうか?

「キングダム」は紀元前の古代中国、春秋戦国時代を舞台に、主人公・信(しん)の活躍を中心に描かれている大人気漫画で、私も大好きな漫画の一つです。

早速ですが、私、米山が伝えたいことは何か!?

それは、この作品はただ面白いだけの漫画ではないということです。

著者の馬場氏は、「キングダム」は「コミュニケーションの最良の教科書」であると伝えています。

そこで、本日は、馬場氏が「キングダム」から得た学びとはどのようなものなのかを見ていきたいと思います。

目次

     

    1. コミュニケーション力とは

    皆さんは「コミュニケーション力が高い人とはどんな人ですか?」と聞かれたら、どのように答えますか?

    もしかしたら、

    • ユーモアのある人
    •  話がうまい人
    •  聞き上手な人

    などの答えが多いかもしれません。

    どれも間違いではないと思いますが、本当の意味でコミュニケーション力が高い人とは、関わった人から、

    • あの人に会いたいな
    • あの人のために頑張りたいな
    • あの人を信頼したい

    と思われるような人ではないかと著者は述べています。

    そしてこの感情を引き出すコミュニケーションには3つの大切な姿勢があると著者は述べています。

    1. 人を「上・下」「好き・嫌い」ですぐ区別しない
    2. 「良い・悪い」「正しい・正しくない」で物事をすぐにジャッジしない
    3. 感情のコントロールが巧みで、言動に安定感がある

    私自身もお客様との会話で、自分の考えと違うことを話されると、「正しくない」と判断してしまうことがあります。

    なかなか、3つの大切な姿勢を実践することは難しいのではないでしょうか。

    では、上記の姿勢を身につけるにはどうしたらよいのでしょうか。

     

    2. 自己認識力を高める

    上述した3つの大切な姿勢を身につけるには、常に謙虚な姿勢でいることが重要です。

    「謙虚」とは広辞苑で以下のように説明されています。

    『自分の存在を低いものと客観的に見、相手の考えなどの中に取るべきものが有れば素直に受け入れる態度を失わない様子。』

    謙虚であることが重要であることは、誰でも理解できることです。

    しかし、現実には謙虚さが足りない人を案外多く見かけます。

    例えば、

    • 自分の親や周囲の人の悪口を言う人
    • 自分の前職を悪く言う人
    • 前職での実績を鼻にかけ、横柄な態度を取ってしまう人

    では、どうしたら常に謙虚な姿勢でいられるのでしょうか。それこそが、自己認識力を高めることなのです。

    自己認識力とは、地上に立っている自分を高い場所から眺めるような「俯瞰の視点」によって、自分は大きな世界、大勢の人の中の小さな存在であると認識する力です。

    離れた場所から見た自分の小ささを認識するとき、人は謙虚になれるのです。

    それでは、自己認識力を高めるためにはどうしたらよいのでしょうか。

     

    3. 多くの人とつながりを作る

    前章でも述べた通り、自己認識力とは地上に立っている自分を高い場所から眺めるような「俯瞰の視点」によって、自分は大きな世界、大勢の人の中の小さな存在であると認識する力です。

    つまり自己認識力を高めるための第一歩は、自分の観える世界を広げることから始まります

    自分の観る世界の広さは、「どれだけの人とつながって生きているか」によって決まります。ただの知り合いではなく、言葉を介して関わり合い、支え合い、応援し合っている人の数が多いほど、自分の世界は広がるのです。

    そして、この「つながり」を増やすのにピッタリの職種があります。

    それこそが「営業職」です。

    なぜならば、営業職には以下の特性があるからです。

    • 能動的にお客様に会いに行ける
    • 商談においてお客様が大切にしている価値観を聴くことができる
    • お客様と応援し合う関係を築くことができる

    そして、自己認識力を高めることは成果にもつながります。

    自己認識力を高めることで、目先の課題の解決や売り上げアップといった短期的な視点ではなく、お客様のビジョンの実現支援といった長期的な視点で、お客様と関わることができるようになるのです。

     

    4. おわりに

    いかがでしたでしょうか。

    コミュニケーション力というと、具体的にどんな言葉で話したらいいのかという方法論に走ってしまうこともあると思います。

    しかし、まずは謙虚な姿勢という「在り方」がとても大切になってくるのではないでしょうか。

    「キングダム」にはたくさんの魅力あふれるユニークな登場人物がいます。また「キングダム」に限らず魅力的な登場人物がいる漫画もたくさんあると思います。

    そういった魅力的な登場人物は、なぜ魅力的に見えるのかということを考えると、沢山の学びがあるかもしれません。

    ここでは紹介しきれませんでしたが、本書では「キングダム」の名シーンを用いての具体的な解説もされています。

    気になった方は、ぜひ本書籍をお手に取っていただけたら幸いです。

     

    本日ご紹介した本のAmazonリンクはこちら⇒『キングダム』で学ぶ最強のコミュニケーション力

    〇トップセールスの本棚とは?
    【毎週月曜日配信】弊社の社員はじめ、トップセールス経験者が厳選した本をご紹介しています。
    営業におけるスキルのみならず、幅広い視点から営業を捉えていたりもします。
    ぜひ、営業パーソンにとどまらず様々な職種の方にも読んでいただきたいです。

    埼玉県出身。 新卒で大手スカウト·ヘッドハンティング会社に入社した後、アルヴァスデザインに入社。 サッカー歴16年だが好きな漫画は「スラムダンク」。 美意識が高く、最近は眉毛サロンに興味がある。 座右の銘は「当たり前はない」。

    RELATED ARTICLES よく読まれている記事

    外部の視点からお客様に
    クリティカルな意見を言う。
    そういう営業は
    これからも生き残る。